ホーム>新著情報>ニュース>【OTEMON VIEW】新著記事を掲載しました。
【OTEMON VIEW】新著記事を掲載しました。
掲載日時:2021年9月27日


OTEMON VIEWに新著記事を掲載しました。


●今回のテーマは「認知科學とAI」


 「人間のようなロボット」といえば、アニメのドラえもんを思い浮かべる人も多いと思います。人工知能(AI)が急速に進歩する中、「人間と同じようなコミュニケーション機能を機械で実現する」研究が心理學を中心とする認知科學の分野で進んでいます。その研究とは。そして実現できるのか。


 2021年4月に心理學部に開設した人工知能?認知科學専攻のコーディネートを擔當し、認知科學が専門で京都大學名譽教授の乾敏郎追手門學院大學特別顧問に聞きました。

▼2021/09/27 京都大學名譽教授 乾敏郎 追手門學院大學特別顧問
人間のようなロボットは可能か?認知科學とAIの可能性



<記事バックナンバー>


▼2021/09/02 基盤教育機構 加藤哲平 常勤講師
死海文書とは何か。日本語訳プロジェクトに攜わる研究者が明かす、その全貌


▼2021/08/27 経済學部 近藤伸二 教授
対岸の火事ではない。いま、日本人が臺灣情勢を注視するべき3つの理由。



▼2021/08/03 経営學部 水野 浩児 経営學科
地銀?信用金庫に期待される「事業性評価」は地方創生の切り札となるか?研究と実踐の第一人者が語る可能性。



▼2021/07/15 社會學部 有山篤利 教授

「柔道」から「JUDO」へ。オリンピックと共にあった日本のお家蕓の過去?現在?未來。



▼2021/06/30 地域創造學部 井上典子 教授

【前編】なぜ世界遺産なのか?「モノ」から「人が暮らす空間」へ。より「重層的」な価値へと拡張する世界遺産を問う。


▼2021/06/30 地域創造學部 吉田佳世 講師
【後編】なぜ世界遺産なのか?「創られた!?」世界遺産の多面的側面を考える。



▼2021/06/14 心理部 本田秀仁 準教授
キラキラネーム、カタカナ名稱。私たちは「名前」に支配されている?意思決定と名前のヒミツ



▼2021/05/27 社會學部 松山博明 教授
「連敗を止めた奇跡の暫定監督」が解説 サッカーJリーグに見る監督交代とは



▼2021/05/24 社會學部 森真一 教授
インスタ女子と自粛警察。SNSで増幅する共通項。その名は「観念的快」



▼2021/05/06 社會學部 松井健 教授

「火ノ玉ジャパン」それはボッチャ。パラリンピック種目の健康スポーツの魅力とは



▼2021/04/13 國際教養學部 広瀬依子 講師
NHK朝ドラ「おちょやん」が描く上方蕓能と道頓堀。研究者が語るその深さとは



▼2021/04/02 追手門學院 広報課 谷ノ內識 課長
「大學広報」がNHKドラマ化。「ほぼ神崎真」が見た「大學広報」とは。



2020年度の記事一覧はこちら
http://www.ksyksy.com/whatsnew/news/_13989.html

沙丘电影完整版免费观看-沙丘在线观看完整免费2021