沿革

1888年 「追手門學院」の創設(大阪偕行社附屬小學校創設)

追手門學院は、1888年に大阪鎮臺の司令官高島鞆之助中將が、今井兼利少將他陸軍將校らの主唱により創設した大阪偕行社附屬小學校に端を発する。1940年に大阪偕行社附屬中學校開校、その後終戦に伴って「大阪偕行社學院」は解散し、法人名を「追手門學院」と改め、「追手門學院小學部」「追手門學院中學部」を設置した。1950年に「追手門學院高等學部」が開設され、以後は小?中?高の三學部を擁する総合學園として教育活動を行ってきた。

1940(昭和15)年4月 大阪偕行社附屬中學校開校
1947(昭和22)年4月 追手門學院小學部、中學部発足
1950(昭和25)年 4月 追手門學院高等學部発足
1964(昭和39)年 10月 追手門學院學院長に天野利武就任

1966年 「追手門學院大學」の創設

追手門學院大學は、追手門學院創立80周年記念事業の一つとして大學開設が計畫された。1964年10月、第3代追手門學院學院長に天野利武(初代學長1966.4.1~1978.3.31)が就任し、1966年4月、2學部4學科の追手門學院大學が創立された。

1966年 第1回入學式

第1回入學式は、4月23日本學院にゆかり深い大阪城のほとりの府立厚生會館(當時)大ホールにおいて挙行された。男女新入生517名は、國際社會でのリーダーにふさわしい紳士?淑女としての身だしなみと品格をそなえるようにとの趣旨から石津謙介?近藤年子両氏のデザインによるニューファッションの禮服に身をかため入學式に出席した。その式典の模様は、さっそく週刊誌「サンデー毎日」巻頭にグラビアで報道され、世間の 注目を集めた。

1966年 校章制定

追手門學院小學校の校章をモデルに、「追手門」の「追」の 字をデザイン化し、その上に「大學」の字を重ね合わせて1966年6月1日に制定された。

1967(昭和42)年 4月 2號館竣工
1967(昭和42年) 年6月 オーストラリア研究センター設置(現オーストラリア研究所)スクールカラーをライトブルーに決定
1967(昭和42)年 8月 第1回海外セミナー実施
1967(昭和42)年 11月 第1回將軍山祭(大學祭)実施

1968年 校旗制定

開學以來、校旗の調整を急いでいたが、1968年4月制定された。

1968(昭和43)年 5月 學友會発會式
1968(昭和43)年 7月 明徳塾竣工
1968(昭和43)年 11月 計算センター設置
追手門學院創立80周年祝賀會、大學開學祝賀會、高松宮殿下來校
1969(昭和44)年 4月 教育研究所設置
1969(昭和44)年 6月 研究棟竣工
1970(昭和45)年 3月 第1回卒業式挙行
1970(昭和45)年 4月 文學部心理?社會學科、東洋史學科を廃止し、心理學科、社會學科、東洋文化學科に改組 経済學部経営學科、文學部心理學科、社會學科、東洋文化學科、イギリス?アメリカ語學文學科の入學定員を増加
図書館竣工
1970(昭和45)年 10月 スクールバス乗場を國鉄(現JR)東海道本線摂津富田駅から國鉄(現JR)茨木駅?阪急電鉄茨木市駅に移転
1970(昭和45)年 11月 第1回日印學生交換制度実施
1971(昭和46)年 4月 経済學部に経営學科を増設
3號館竣工
1971(昭和46)年 5月 校友會將軍山會(大學同窓會)結成
1973(昭和48)年 4月 大學院文學研究科心理學専攻(修士課程)開設
1975(昭和50)年 4月 大學院文學研究科社會學専攻(修士課程)を増設

1976年 日本文化研修道場(松籟庵)竣工

松下幸之助氏からの拠金をもとに建設され、7月裏千家井口海仙氏指導により茶室開きが行われ、松下幸之助氏揮毫の「松籟庵」の扁額が掲げられた。

1976(昭和51)年 11月 大學創立10周年記念式典?祝賀會挙行
1977(昭和52)年 4月 大學院文學研究科中國文化専攻(修士課程)を増設
1977(昭和52)年 12月 學生會館竣工
1978(昭和53)年11月 追手門學院創立90周年記念式典挙行
1979(昭和54)年 4月 大學院経済學研究科経済學専攻(修士課程)を開設
1980(昭和55)年 11月 第1回日豪學生交換制度実施
1981(昭和56)年 4月 経済?経営?心理?社會?東洋文化各學科の入學定員を増加
1982(昭和57)年 9月 第2學生食堂竣工
1984(昭和59)年 3月 4號館竣工
1984(昭和59)年 4月 大學院文學研究科英文學専攻(修士課程)を増設
1985(昭和60)年 4月 大學院経済學研究科経営學専攻(修士課程)を増設
視聴覚教育センター設置

1986年 「追手門學院大學二十年史」刊行

大學創立20周年記念式典が本學體育館で挙行された。また「追手門學院大學二十年史」が刊行された。

1987(昭和62)年 2月 學友會センター竣工
1988(昭和63)年 7月 第1回海外語學研修実施
第1回日米學生交換制度実施
1988(昭和63)年 11月 追手門學院創立100周年記念式典挙行
1990(平成2)年 8月 日印學生交換制度20周年、日豪學生交換制度10周年記念事業実施
1991(平成3)年 7月 大學創立25周年記念祝賀會挙行
1993(平成5)年 4月 追手門學院教育研究所が追手門學院大學教育研究所となる
1993(平成5)年 7月 韓國大學生訪日研修団來學
1995(平成7)年 4月 経済學部経営學科を経営學部経営學科に改組
文學部心理學科?社會學科を人間學部心理學科?社會學科に改組
計算センターと視聴覚教育センターを統合し、総合情報教育センター設置

1996年 情報教育の拠點

大學創立30周年記念事業の一つとして、情報教育の拠點となる5號館が建設された。

1996年 「追手門學院大學三十年史」刊行

大學創立30周年記念式典が、本學體育館で開催された。また「追手門學院大學三十年史」が刊行された。

1998(平成10)年 4月 経済學部に國際経済學科を増設
文學部東洋文化學科を廃止し、アジア文化學科を増設
文學部イギリス?アメリカ語學文學科を英語文化學科に名稱変更
文學部アジア文化學科の入學定員を増加
1999(平成11)年 4月 経営學部に國際経営學科を増設
人間學部心理學科の入學定員を増加
大學院経済學研究科経営學専攻に博士(後期)課程を開設
エクステンション?センター開設
追手門學院大學ロゴマーク決定
1999(平成11)年 7月 體験型學習?第1回アジア社會現地演習(中國)実施
1999(平成11)年 9月 體験型學習?第1回アジア社會現地演習(東南アジア?日本)実施
體験型學習?第1回國際共同研修プログラム実施
2000(平成12)年 4月 大學院経済學研究科経済學専攻に博士(後期)課程を開設

2000年 新食堂棟完成

學生生活の憩いの場としての活用も期待して、2000年8月、西日本では最大級の新食堂棟が完成した。

2001(平成13)年 8月 體験型學習?第1回カナダ現地演習実施
2001(平成13)年 11月 大學創立35周年記念式典挙行
2002(平成14)年 4月 財団法人大學基準協會の正會員に承認される
JR茨木駅スクールバス乗場を同駅「マイカル茨木」北側に移転
2003(平成15)年 4月 セメスター制度実施
2004(平成16)年 4月 地域支援心理研究センター設置

2005年 図書館改修完了および併設の宮本輝ミュージアム完成

宮本輝ミュージアム」を備えた図書館が、全館バリアフリー構造のうえ、2ー3階部分が吹き抜けとなり明るい空間に生まれ変わった。

2005年 キャンパス改修(グラウンド、駐車場、正門他)

2005(平成17)年4月 経済學部國際経済學科を経済學部ヒューマンエコノミー學科に改組
経営學部國際経営學科を経営學部マーケティング學科に改組

2006年 中央棟?6號館竣工 日本文化研修道場(松籟庵)改築

學院創立120周年記念事業の一環として、地上11階の中央棟と555人教室を有する6號館が建設された。

2006(平成18)年 4月 人間學部心理學科を心理學部心理學科に改組
人間學部社會學科を社會學部社會學科に改組
経済學研究科経営學専攻を経営學研究科経営學専攻(博士前期?後期課程)に改組

2007年 新ロゴマークの制定

追手門學院大學創立40周年を記念し、本學のイメージや知名度をこれまで以上に高めるため、新しいロゴマークが制定された。

2007(平成19)年 3月 大學創立40周年記念式典挙行
大學創立40周年記念式典が大學食堂棟にて執り行われた。
追手門學院大學オフィス阪急茨木開設
大學創立40周年記念式典事業の一環として阪急茨木市駅前にサテライトオフィスが開設された。
2007(平成19)年 4月 文學部アジア文化學科を國際教養學部アジア學科に改組
文學部英語文化學科を國際教養學部英語コミュニケーション學科に改組

2008年 追手門學院創立120周年記念式典挙行

2008年11月7日、學院創立120周年記念式典が大阪城ホールにて執り行われた。

2008(平成20)年 3月 大阪城スクエア竣工
2008(平成20)年 4月 文學研究科心理學専攻を心理學研究科心理學専攻に改組
2008(平成20)年 6月 將軍山會館竣工

2009年

2009(平成21)年 4月 経営學部マーケティング學科の入學定員を200名に変更
2009(平成21)年 10月 學習支援?教育開発センター設置

2012年

2012(平成24)年 4月 追手門學院一貫連攜教育機構設置
追手門學院地域文化創造機構設置

2013年

2013(平成25)年 3月 追手門學院大學出版會設立
2013(平成25)年 4月 追手門學院大學基盤教育機構設置
追手門學院地域文化創造機構が追手門學院大學地域文化創造機構となる
學習支援?教育開発センターを學習支援室、教育開発センターに分離
2013(平成25)年 5月 教職支援センター設置

2014年

2014(平成26)年 1月 トレーニングセンター竣工
2014(平成26)年 4月 追手門學院大學総合教育研究推進機構設置
追手門學院大學教育支援機構設置
心の教育研究所が學院附置から大學附置となる
教育研究所を発展解消し、學院附置の一貫連攜教育研究所に踏襲
2014(平成26)年 5月 スポーツ研究センター設置

2015年

2015(平成27)年 4月 地域創造學部地域創造學科を開設
オーストラリア研究所の発展的改組?改編により
オーストラリア?アジア研究所を開設
2015(平成27)年 6月 アサーティブ研究センターを開設
教育開発センターを廃止し、教育開発機構を設置
2015(平成27)年 7月 地域支援心理研究センター分室を開設
2015(平成27)年10月 笑學研究所を設立

2016年

2016(平成28)年 4月 國際教養學部英語コミュニケーション學科を、國際教養學部國際教養學科に名稱変更
追手門學院大學総合教育研究推進機構を研究?社會連攜部へ改編
追手門學院大學地域文化創造機構を追手門學院大學北摂総合研究所へ改編
教育開発機構を廃止し、教育開発センターを設置
成熟社會研究所が學院附置から大學附置となる
一貫連攜教育研究所が學院附置から大學附置となる
學院志研究室が學院附置から大學附置となる
2016(平成28)年 5月 大學創立50周年記念式典挙行
2016(平成28)年 7月 大學創立50周年記念祝賀會挙行
2016(平成28)年 10月 學習支援室を廃止

2017年

2017(平成29)年 4月 経済學部経済學科の入學定員を増加
國際教養學部アジア學科を國際教養學部國際日本學科に名稱変更
心理學研究科心理學専攻博士後期課程を増設、心理學研究科心理學専攻修士課程を心理學研究科心理學専攻博士前期課程に名稱変更
ライティングセンターを開設
キャリア開発センターを開設
課外活動支援センターを開設

2018年 追手門學院創立130周年記念式典挙行

2018年11月7日、學院創立130周年記念式典が大阪城ホールにて執り行われた。

2018(平成30)年 4月 大學院に経営?経済研究科を設置し、経済學研究科及び経営學研究科の學生募集を停止
文學研究科を現代社會文化研究科、社會學専攻を現代社會學専攻、英文學専攻を國際教養學専攻に名稱変更し、中國文化専攻は學生募集を停止
國際教養學部國際教養學科及び國際日本學科の入學定員を増加

2019年 茨木総持寺キャンパス開設(Academic Ark、食堂棟竣工)

2019年4月、學院創立130周年事業の一環として、「茨木スマートコミュニティプロジェクト」に參畫し、一大文教地域の創造を目指して、新キャンパスを整備した。

沙丘电影完整版免费观看-沙丘在线观看完整免费2021